2014年にNISA、2018年につみたてNISAが始まりよくその言葉を目にするようになり、気になってはいたもののよくわからないし投資ってちょっと怖いし、そんな余裕もない。

そんな中、とあるきっかけできんゆう女子。というコミュニティに参加し、NISAの仕組み、制度が作られた背景、経済のことを学んでいくうちに無理ない範囲でできることから始めてみようと思い、2020年から始めました。

何もわからなかった時、つみたてNISAを始めるに当たってまず何をすればいいの?という疑問に少しでも参考になればと私が実際に行った流れをシェアします。

1. 証券口座開設!

つみたてNISAの口座を作れる証券会社はいくつもありますが、どこで作ればいいのか悩みますよね。
私は楽天で口座を開設しましたが、3つの理由から楽天証券を選びました。
その理由は、、、  

取扱商品が多いこと!

つみたてNISAは金融庁が認定した約160本の投資信託の中から選ぶことができ、どれも基本的には長期の積立・分散投資に適したものですが、証券会社によって買付できる商品の数にはバラつきが!
私の場合は、購入したい投資信託が決まったいたのでそれを取り扱っている証券会社であればどこでも良かったのですが、商品数が多い方がいいかな!と思い楽天証券にしました。(SBI証券も同数なので、どちらでも!)

少額から始められること

証券会社よって毎月いくらからつみたてができるか?も違ってきます。
基本的にネット証券は毎月100円からつみたて可能!
いきなり毎月1万円はちょっと勇気が出なくても毎月100円ならやってみようかな?となりますよね。

ポイントがもらえる

毎月の投資金額を楽天カードを使って決済すると投資金額の1%がポイントバックされます。毎月3万円積み立てていたら300ポイント(=300円)
大きな金額ではありませんが、ちりつもで楽天市場でお買い物したり、このポイントを使って投資信託購入もできます。
もともと楽天カードを持っていたので取り掛かり易かったのもありますが、まだもっていない方も作る価値はあると思います♪

2. 商品選び

商品選びで私が大切だと思っているのは自分の運用スタイルをしっかり把握すること。
リスクを取ってリターンを期待するか、リスクは少ないけどリターンも少ない方がいいか?
最終的にいくらにしたいか?
そのときのライフスタイルに寄っても変わってくるかと思います。
私の場合は、きんゆう女子。で開催されているイベントに行ったり、Youtubeを見て既につみたてNISAをやっている人はどんな商品を購入していて、どのような運用実績になっているのか?を見てから決めました。
「正解」はないので、自分にあった運用をしていきましょう♪

◆楽天証券 – あなたはどのタイプの投資家?!
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/special/type/

◆楽天証券 – 積立かんたんシュミレーション
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

3. 買付

いよいよ買付!最初は緊張しましたが楽天証券のサイトに詳しく取引ガイドが載っていたのでこちらを参考にしました。(参考:楽天証券 – つみたてNISA取引ガイド

ポイントの貯まる楽天カード決済にしたのですが、毎月12日までの申し込みで翌月から積立が開始されるそう。
設定したのが1月22日だったので、実際につみたてができるのが3月からになりそうです♪
年の途中から始めて上限40万の枠を使い切りたい!という場合も楽天証券は設定可能でした。
また、私は楽天市場でのお買い物の際にポイント還元をできるだけ最大にしたかったのでポイント投資も設定しました。

さいごに

投資というと知識もないし、怖いイメージがありますが学びながら無理ない範囲でやっていくことがとても大事。
将来の不安はもちろんあるけれど、旅に出たり、新しいお洋服やお気に入りのインテリアを買ったり『今』を楽しむことだって諦めたくない。

将来を不安に思って、今を我慢したり何もできなくなってしまうのではなく、今できることを『時間』を味方につけて、漠然とした不安を少しでも解消できるヒントを得てもらえたら嬉しいです。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です